リバウンドが少なく部分痩せが可能な脂肪溶解注射

ジョギングやランニングなどの運動をしたり食事制限をしたりしてダイエットをすることは可能ですが、それまでの過程が非常に辛いものですし、油断をするとリバウンドを起こして以前よりも太ってしまう可能性もあります。

そこで脂肪を溶かすことで痩せられるという脂肪溶解注射という施術方法を用います。

 

脂肪溶解注射の魅力はリバウンドが少ないので体に負担をかけにくいことと、部分痩せができるということです。

2週に1回のペースでクリニックへ通い複数回注射をするだけですので、ダイエットのために毎日時間を割く必要はありませんし、いつも通りの生活を続けることができます。

 

脂肪溶解注射の仕組みとしてはフォスファチジルコリンという大豆由来の成分が使われることが多く、高脂血症や高コレステロールなどの症状の改善にも使用される安全な薬です。

脂肪細胞を破壊して中に蓄積されていた脂肪を体外へと排出しますし、脂肪細胞の数自体を減少させることによって再び脂肪が蓄積されにくい体になりリバウンドを起こしません。

 

部分痩せをしようとすると、筋力トレーニングのような形をとることになり痩せるというよりも筋肉質になってしまうのですが、脂肪溶解注射であればピンポイントで脂肪量を減らせるため、ボディラインをデザインしていくことができます。

 

このように脂肪溶解注射は、手軽にそして短時間でスッキリとした体を手に入れられ、太りにくい体を作り上げる施術方法なのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ