男女を産み分ける方法について

子作りを希望されている方で、男女を産み分けたいと思う方は多いと思います。

特に不況長引く昨今では、子供の数をなるべく減らし計画的に男女を産み分けたいというニーズが高まっているような気がします。

 

そこで男女を産み分ける方法をいくつか書いていきたいと思います。

 

まず、家庭内でできる方法として、排卵日の特定を行い、女の子が希望であれば排卵日の2~3日前にあっさりとしたセックスをすることによってX精子を卵子に導きます。

また、男の子が希望であれば排卵日の当日に非常に濃厚なセックスをし射精後30分間結合したままの状態にしてY精子を確保する、などといった方法があります。

 

病院においても産み分けの指導がなされているところがあり、その指導として家庭内で行う産み分け法に加え、膣内に特殊なゼリーを用いる方法があります。

これは、女の子なら膣内を酸性にするピンクゼリー、男の子ならアルカリ性にするグリーンゼリー、といったように産みたい性別によって使い分けます。

 

また、男の子の場合、2か月以上前から朝と晩に摂取する「リンカルS」というリン酸カルシウムを処方するという方法も同時進行で行います。

特に重要なことは、通常の妊娠同様、夫婦揃って心身ともに健康な状態で、希望の妊娠日までに体調を整えておくことです。

 

これらの方法を試したとしても100%男女の産みわけが成功するとは限りませんが、何もしないで後悔するよりかは思いきって試してみるのも一つの手でですので、産み分けを希望されている方は参考にされてみてはいかがでしょうか。

サブコンテンツ

このページの先頭へ