便秘を治すにはツボ押しが効果があります。

便秘は、つらいものです。
何日も出ずにお腹が張ってしまうと重苦しいし、なんとか辛い便秘を解消したいものです。

便秘が何日も続くと肌のトラブルを引き起こしたり、いろいろ悪影響もでてきます。

 

便秘を治したいときに、便秘に効果のあるツボを押してみました。

足の裏にある大腸、結腸、直腸のツボです。
その部分を押すと、腸のぜん動運動が活発になり便通の回復に効果があります。

 

両足の土踏まずの周辺に胃、腸のツボは集中しています。
その周辺を強めに押すようにします。

 

土踏まずを囲むようにコの字型に押していきます。
左と右では押す場所がちがってくるので注意します。

 

ちょっと痛いくらいが効果があります。
必ず右足から先に押すようにします。

 

足三里というツボも効果があります。
足三里は、胃の働きを良くする効果があり、体内の循環をよくしてくれます。

 

また、むくみのある人は、便秘になりやすいです。
むくんでいる人の多くは、同時に冷え性の悩みを持っている人が多いです。

 

体が冷えてしまうことで、体内の機能がどうしても落ちてきます。

そうすると、腸の働きも鈍くなってしまい、お通じも悪くなってしまいます。

 

便秘になると余分な水分や老廃物が排出されにくい状態になってしまいますので、肌にも影響が出てきます。
毎日ツボ押しの習慣をつけると効果がでてきます。

 

足裏のツボ押しは、自分でできるのでツボの場所さえ覚えておくと便利です。
旅行などに行ったときも薬を使わなくてもいいので試してみてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ