便秘になったときは……

いつもは大抵お通じはいい方ですが、たまに便秘になります。

そういうときは、水分をいつもより多めにとっています。

 

便秘になるときが、旅行とか水分がいつもよりあまりとれない状態に起こりやすいので、そういうときはこまめに水分補給をしています。

それに水分が少ないと、便が固くなって、出すときに切れ痔になるかもしれません。

 

切れ痔になると、出すたびに傷口が痛むので、トイレに行くのが憂鬱になります。

あと水関係で、朝起きたときは飲み物をコップ1杯飲んでいます。こうすると、腸が刺激されて便が出やすくなると、どこかの雑誌に載っていました。確かに実践してみると、お通じがよくなりました。

 

食べたものが便として排出されるので、野菜をたくさん食べるように気を付けています。

野菜をあまり食べていないと、便が固くて出しにくかったことが何度かあったので。

 

また、出すときは、長時間トイレにこもっていないようにしてます。

いくら力んでも出ないものは出ないので、『明日まとめてだせばいいや』と気楽に考えて明日に期待します。

 

それに、『座りっぱなしだと痔になるよ』と母に言われました。

 

なんか出そうで出ないとき、力むのを止め、一回深呼吸してお腹をさすると、出やすくなりました(あまり真剣にやるより、おまじない程度にやった方がいいです)。

 

あと、ウォシュレットで肛門を刺激させるようにするのも、良かったです(水の当たり所が悪いと効果が薄くなりますが)。

サブコンテンツ

このページの先頭へ